あなたの愛犬は大丈夫?フィラリアなど怖い病気の危険があります

お皿にのっている薬
こぼれている白い錠剤

完全に進行する前に

最終的には失明するかもしれない。そんな怖い病気が白内障になります。人間だけではなく犬でもよく見られるタイプの病気となるので、シーナックという薬を使ってしっかり予防していってほしいと思います。これで進行を完全に抑えられます

茶色のカプセル

犬を苦しめる耳ダニ

犬の耳にも飼い主はよく注目しておかなければいけません。もしかしたら耳ダニという寄生虫に侵食されているかもしれないので、その際にはトロイイヤードロップスを使ってあげるようにしましょう。これで耳の安全は守られます。

シートから出ている薬

病院に行けない人は

個人輸入代行業者を使えば、とても便利に欲しい動物薬がゲットできます。普通に病院に行けばいい話ですが、人によってはなかなか行ける時間を作れないと思いますのでそういうときにこそ個人輸入代行業者を使ってほしいと思います。

たくさんの薬

よく勉強しておこう

きちんとあなたもフィラリアのことを理解して、さっそく予防に専念してください。
今回はフィラリアとはどんな病気なのか?そのことにフォーカスして話を進めていきたいと思います。

まずフィラリアは別名犬糸状虫という虫になります。
非常に特徴的な見た目で、まるで1本の糸のような形をしています。
メスとなると30センチもの大きさまで成長するので、とてもおそろしい存在だといえるでしょう。
実際にフィラリアに寄生されてしまった犬は血液の循環がうまくいかなくなって、そこから呼吸困難を引き起こしたりします。
そして腎臓や肝臓といった臓器に大きな影響を及ぼし、寄生された犬は徐々に衰弱して最後には死んでしまいます。
ちなみに犬糸状虫という風に呼ばれますが、最近では猫などの動物でもよく見かけるようになりました。

ではフィラリアの感染はどのようにしておこなわれるのか?
まず主な感染経路は「蚊」の存在になります。
すでにミクロフィラリアと呼ばれる幼虫がたくさん住み着いている犬に蚊が血を吸うことで、蚊の体内にミクロフィラリアが移動します。
その体内でミクロフィラリアは感染能力のある幼虫へと成長していくわけです。
そして次にその蚊が別の犬を刺しに行くわけですが、その犬にミクロフィラリアが蚊の口から侵入しに行きます。
大体3ヵ月ほどの期間を経てしばらくはずっと筋肉のなかでじっと成長を繰り返し、そして成虫になった途端急に活発に活動を開始します。

成虫になってしまうと血管を突き破って心臓などあらゆる場所へ住み着いて繁殖するようになるので、ここまでくるともう薬では治すことができません。
そのため幼虫の段階で治療薬を使う必要があります。

袋に入っている薬

popular contents

「あなたの愛犬は大丈夫?フィラリアなど怖い病気の危険があります」のコンテンツ一覧です。