犬を苦しめる耳ダニ|あなたの愛犬は大丈夫?フィラリアなど怖い病気の危険があります

あなたの愛犬は大丈夫?フィラリアなど怖い病気の危険があります

お皿にのっている薬

犬を苦しめる耳ダニ

茶色のカプセル

どんな犬の耳にも潜むことが多い「耳ダニ」という寄生虫。
あなたの愛犬もすでに耳ダニがいるかもしれません。
耳ダニは主にミミヒゼンダニや耳疥癬と呼ばれていて、外耳道に主に寄生します。
一度寄生すると常に組織液を吸ったり表皮を食べながら生き続け、死ぬまでに卵をたくさん産んで次々に繁殖していきます。
また耳ダニに感染すると大きくて黒い耳あかが大量に出てくるようになり、そこには耳ダニの卵がたくさん埋め込まれています。
これによって激しいかゆみを生じさせてしまい、犬を苦しめることになります。

かゆみはどんどん強烈になっていくので、犬は無理やり自分の耳をどこかにぶつけたり激しくこすったりして耳を傷つけてしまい炎症を引き起こしてしまいます。
だから耳ダニも早急になんとかしていかなければいけない症状になります。
さらに他の犬にも次々に感染させていくので、何匹も犬を飼ってる人は気づかないうちにすべての愛犬が耳ダニに感染してしまっているかもしれません。

ではどんな風にして耳ダニを治していけばいいのか?
もちろんここで登場するのが耳ダニ専用の薬です。
最近では主に「トロイイヤードロップス」と呼ばれる薬がよく利用されています。
トロイイヤードロップスを犬の耳に滴下し、よく耳の内側へ揉み込んでいきましょう。
一発ではさすがに完治しませんので、用法用量を守って頻繁に滴下していく必要があります。
トロイイヤードロップスを使い続けるとかゆみもおさまるようになってくるので、無駄に首を振ったり耳をこすりつけたりするしぐさは見られなくなります。